プライベートを充実させたいなら勤務形態をしっかり見ておこう!

長距離ドライバーは時期によって休みが取りにくくなるため要注意

ドライバーの仕事探しを始めるにあたり、プライベートの時間をなるべく充実させたい人は、給料だけでなく勤務形態にもこだわって会社選びをするのがおすすめです。一般的に、長距離ドライバーとして運送会社に就職をする場合には、高速道路が混雑しやすい土日祝日や大型連休中、年末年始などに思うように休みが取れなくなるケースもあります。また、大手の運送会社においては、新年度などドライバーの入れ替わりがある時期に、周辺の道路の事情が分かっている勤続年数が長いドライバーの仕事量が増える傾向が見られます。 そうした中、自分の希望通りに働きたい場合は、ドライバー数に余裕があるところや、ドライバーの仕事量に応じて勤務シフトの見直しを定期的に行っているところを就職先の候補に入れることが大事です。

同じ地域を担当するルート配送ドライバーは初心者にもおすすめ

長距離や中距離のドライバーでなく、配達業者などに勤務する同じ地域を担当するルート配送ドライバーは、定時に仕事が終わりやすく終業後の時間を有意義に使えるといったメリットがあります。特に、子育て中の人や定年退職後の人が多く働いている配送業者においては、一人ひとりのドライバーの都合に合わせて無理なく勤務ができるよう配慮しているところも珍しくありません。また、初めてドライバーの仕事に挑戦をする人のために、パートタイムで働いてから正社員を目指せる制度を導入している配送業者も増えています。そのため、自分に合った働き方を選べるかどうか悩んでいる時には、同年代の求職者に多く選ばれているルート配送ドライバーの求人をメインに探してみると良いでしょう。

ドライバーの派遣に登録したら、良い案件をこまめにチェックして自分の希望にあった働き方ができるか考えることが大切です。