トラックドライバーは運転するトラックの大きさで必要な免許が変わる

トラックドライバーの求人に応募するのに必要な免許とは?

トラックドライバーの求人に応募する際には、運転免許さえあれば応募できるものと、応募には特別な免許が必要なものがあるので確認が必要です。 運転免許さえあれば誰でも応募できるといっても、平成29年3月12日に道路交通法が改正され普通免許で2トントラックが運転できなくなったため、それ以前に取得した免許を持っていることが必要です。ただしトラック運転の経験がない状態で、普通免許さえ持っていれば応募できる求人で採用された場合には、見習いのような形で働き始めるのが一般的です。多くの場合、社内にドライバー養成などのシステムがあるので、実践力をつけて独り立ちします。 特別な免許とは、トラックの大きさなどに応じて運転できる車が違ってくる免許で、持っていることで即戦力として採用されることにつながります。

それぞれの免許の取り方について

トラックドライバーになるために、取っておきたい免許には、準中型免許、中型免許、大型免許があります。 準中型免許は、総重量が7,5トン未満のトラックが運転できる免許です。準中型免許は18歳から取得可能なので、初めて免許を取るときに取ることもできます。現行制度で普通免許を取っている人は、あらためて準中型免許の指定教習所の課程を修了する必要があります。平成29年3月11日以前の普通免許を持っている人は、自動的に5トンまでの限定準中型免許になります。7,5トンまで運転できるように限定を解除するには、指定教習所で4時間の教習を受けるか、運転免許試験場で限定解除の審査に受かることが必要です。 中型免許は11トン未満のトラックが運転できる免許です。取得できるのは20歳からで、2年以上の普通免許保有歴が必要です。 大型免許は11トン以上のトラックが運転できる免許です。取得できるのは21歳からで、3年以上の普通免許保有歴が必要です。

運転手の募集で大切なのはやはり給料ですが、その他に大切なのはシフトや休日の条件です。働きづくめでは長続きしません。