タクシードライバーに必要な普通自動車第二種運転免許

普通免許だけではタクシードライバーになれない!

タクシーに使われている車両自体は、普通免許でも運転できるものです。しかし、タクシードライバーとして働く場合には、普通自動車第二種運転免許が必要になります。人を乗せて利益を得る仕事をする場合には、二種免許と言われる特別な免許が必要になるからです。これはバスの運転手なども同じです。普通自動車第二種運転免許を取得するためには、第一種運転免許を取得した上で3年以上の運転歴が必要になります。

普通免許と同じように、教習所で学んで取得する方法と、免許試験場で一発試験を受ける方法があります。ただし、普通免許よりも一発試験の合格率は低くなっています。人の命を預かる仕事なので、当然と言えば当然ですよね。自信がない人は、しっかり教習所に通って免許取得を目指すとよいでしょう。

免許の取得費用を負担してくれるタクシー会社もある!

まだ普通自動車第二種運転免許を持っていない人は、試験を受けて合格する必要がありますが、ある程度の費用がかかってしまいます。自分で負担するのが難しい場合は、取得費用を負担してくれるタクシー会社を選ぶとよいでしょう。タクシー業界は人材不足が問題になっていることもあり、人材獲得のために免許の取得費用を負担してくれるタクシー会社が多くなっています。お金の心配をすることなく、タクシー運転手を目指せるのは嬉しいですよね。ただし、タクシー会社によって全額負担してくれるのか、部分的に負担してくれるのかが変わります。求人を探す時は、免許取得費用の補助がどうなっているのか、事前に詳しく確認しておくようにしましょう。

運送業の求人は、未経験者でも応募可能な宅配ドライバーから大型免許の保有が必要な長距離ドライバーまで幅広いです。