配送ドライバーなど普通免許で出来る仕事もある!

普通自動車免許でも働けるルート配送

大型車を使って指定の場所に荷物を運ぶことを主な仕事とするトラックドライバーは勤務地によって仕事内容や求められる免許の種類が異なります。いくつかあるドライバー業務の中でも経験を問わず採用されやすいと言われるのがルート配送です。ルート配送とは文字通り決められたエリア内に順番に荷物を届ける仕事のことを言います。ルート配送は荷物の量がそれほど多くないため、使用するのは普通自動車免許で運転可能な積載量3トン未満、総重量5トン未満の車両がメインです。大型トラックに比べて運転がしやすいことから、多くの会社が免許取得歴など採用に条件を求めていないため未経験でも働くことができます。他業種からの転職で経験がない人でも安心です。

ルート配送ドライバーの魅力と選び方

ドライバー職でルート配送を選択する大きなメリットの一つが拘束時間の短さです。遠方に荷物を運ぶ長距離ドライバーは、場所によっては往復の移動に数日程度掛かることもあります。一方ルート配送は決められたエリアを回って荷物を届ける仕事なので、渋滞に巻き込まれず予定通りこなせれば定時で勤務を終えることも可能です。配送ドライバーの仕事は荷物1個当たりの単価計算と月給制の2つの契約方法があります。単価による契約は繁忙期など荷物が集中する時期に通常より多くお金を稼げるのも魅力の一つです。その反面、閑散期は収入が減ることもあるので気を付けなくてはいけません。ルート配送の求人に応募をする時は契約内容についてしっかりと確認しておく必要があります。

ドライバーの募集を上手に行うには、求人広告の仕方が重要となってきます。未経験でもドライバーになれる点や、休みが多い点など、メリットをアピールする方法が効果的です。